熊猫fanfanの『ぐ〜たら』 "元"駐在日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 帰任駐在者の精神的ダメージとは(その8 いよいよFINAL)

<<   作成日時 : 2013/04/11 00:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

さぁようやくこれで最後。

いよいよ最終章。



【結論】

・今の世の中 『地味な正直者はバカを見る』 。

・駐在任期満了する数年後、自分が幸せだと言う保証は一切無い。

・駐在先となる国の、日本での地域差別に気をつけろ。


も一つ言うなら、

・世の中には自分の努力だけではどうにもならないものが確実に存在する。それが現実。

時間は戻せないからねぇ。

ドラえもんの居る時代に生まれたかったわ・・・

画像

ハイ、現在進行形でバカ見てますが、何か?



いろいろ書いたけど、海外駐在は決して悪いことだけじゃないよ。

あ、イヤマジで。

良いこともいっぱい?ある。(ホントか?)

特に中国は”ネタ”の宝庫だし。 ←それが良い事か?ヲイヲイ


が、人によっては(つうか会社によっては)貴重な経験よりも、本来得られるべきもっと重要な経験を得ることが出来ないデメリットの方が大きい場合がある、と言うことを十分念頭において駐在打診の受諾判断した方が良いっすよ。



ってのが、いろいろ苦しんでる、経験者である今現在のヲイラからのアドバイスでござる。

全く役にたたん話であるが、全部読んだ人は居ないと思うが、もし仮にこれ読んで人生変わった人が居たらごめんなさい。 責任は取れませんです、ハイ。




さぁ、当初予定通りネガティブな話題を書きなぐってストレス発散したから、これから心を入れ替えて、ん?(何か違うな) ”心機一転”、ポジティブな思想でブログ再開すっかな。(元々仕事の話書くの嫌いだし。もう暫く無いな。)


画像




=以上、だらだらマジ日記終了!=

〜次回のネタは果たして一体???〜







中国駐在員の選任・赴任から帰任まで完全ガイド
清文社
藤井 恵

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 中国駐在員の選任・赴任から帰任まで完全ガイド の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
以前から愛読者のものでございます。
特別企画8話一気に読ませて頂きました。
小生は北京駐在5年になるものでございます。
正確には外資勤務なので駐在ではないのですが、たまに日本に帰国し日本のビジネスパーソンと話していると違和感を感じる事が多くなってきてる自分も感じています・・・。
今回のお話大変感じるものがございました。
このまま大陸に居た方がいいかな〜という気がしてきました。
(私も嫁を現調しています)
北京
2013/04/11 12:31
こんなしょうもない愚痴にお付き合い頂きまして、有難う御座います。何の参考にもならない挙句に、惑わしてしまい申し訳ありません。
とはいえ5年は微妙ですね。心中お察しします。
職場の状況等環境違うので参考にはならないと思いますが、ご自分の会社の実態把握だけはされておいたほうが良いかと。個人的感想ですが、日本も日本人もやっぱりいろいろ変化してます。自分は変わらないつもりでも(たぶん自分も変わってると思いますが)、確実に周りの時間は流れてるので、どうしても違和感はあるとは思いますね。いずれにしても、理由をつけて頻繁に帰国されて、日本の会社に顔売り続けて存在忘れられられないようにすることと、日本の情報収集はしっかりやっておいたほうがいいかと思いますね。頑張ってください。

※ちなみにわが嫁は、最近中国の環境やらなんやらの問題を頻繁に香港の衛星放送で見てるので、中国には当面帰るつもりはない、と言い切って2年たっても全く里帰りすらする気が無いですね。(私は逆に遊びに行きたいんですが)
fanfan
2013/04/12 07:35
7年の駐在を経て帰国したものです。ネットサーフィンを繰り返してこちらにたどりつきました。まさに私の気持ちを代弁してくださったようです。あまりの理不尽さに気持ちが落ち込むこともあり、なかなか前向きな気持ちになれません。転職活動をしておりますが、中途半端な年齢とキャリアのせいでなかなか・・・。でも似たような経験をされている方もいるんだなということで、頑張っていく気になりました。かなり昔の記事ですが、日本の(中途半端)企業の状況はそんなに変化なしということで・・・。
通りすがり
2016/06/12 11:02
死にかけブログをご覧頂き且つしょうもない愚痴にお付き合い頂きありがとうございます。これを書いてた帰国後3年間はマジで精神逝きそうで転職も考えましたが、とりあえずまだ踏ん張ってます。まぁ元の所属で(いろんな妨害と圧力?で)戦力外通告され、今の職場に拾われ、何とか精神的にも復活できて今に至ります。駐在先に関係した仕事をさせてもらえず、長年駐在した人生が無駄になり掛けましたが、今では別な中国拠点との仕事でそれなりには駐在してたメリットは多少は生かせてるかなと。
未だに日本に居られなかった時のデメリットはリカバリーできてるとは思えませんが、まぁ長い人生の中ではいい経験させられた、と割り切ってやってますわ。
ま、中国人みたいに”没問題””没有関係”で気楽にやっていきましょう。
fanfan(管理人)
2016/06/12 12:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
帰任駐在者の精神的ダメージとは(その8 いよいよFINAL) 熊猫fanfanの『ぐ〜たら』 "元"駐在日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる