熊猫fanfanの『ぐ〜たら』 "元"駐在日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 帰任駐在者の精神的ダメージとは(その3)

<<   作成日時 : 2013/04/11 00:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

この物語は、

『日韓ワールドカップの年に、突如として大陸駐在に吹っ飛ばされ、以後8年半もほったらかしにされた後、日本の会社ではその存在すら忘れられた頃に帰任という名の強制送還させられた後、日本の会社の変貌と、かつて一緒に仕事してた先輩方の定年退職ラッシュで知り合いも殆ど居なくなり、元の職場に戻っても邪魔にされ居場所も無く、日本不在だった頃覚えているべきだった業務のリカバリー教育もしてもらえず、かといって唯一まともに出来る仕事だったはずの中国に残してきた仕事のフォローをしようとすると次々と裏から圧力を掛けられ、大事な業務の情報も与えられず、上司からはロクに仕事の指示もしてもらえないのに”こいつは何も出来ない”とレッテルを貼られ、まともな仕事も与えられず、出張来た奴には中国でいろいろ世話してやったことなど手のひら返しで知らないフリされ、時として便利屋の人足として使われ、同僚や部下には”中国帰り”と言うだけで見下されて、レベル低い扱いの視線で見られ、部下に指示出しても無視され且つ大事な情報も報告もせず、挙句の果てには結局入社以来ずっとやってきた業務から追い出されて不要物扱いされ全く経験の無い職場に追いやられた挙句新しい職場では周りの人間など誰も知らず何をしたら良いかすら全く判らず結局孤立させられる、と言うような、つらくも悲しい”元中国駐在者の末路を綴った”  恩・義理・人情・友情、なんて現実にはありえないと言う事実をまざまざと突きつけられる、愛と?悲しみの物語』

である・・・ (By スクールウォーズ 風)

画像

いそっぷぅぅぅぅ〜



な長げぇ・・・

自分でも読むの嫌になるな うげぇ



それでは、長い前置きはともかく、それでは愚痴の羅列の超ネガティブワールドの始まり始まり〜。



あ、この話、上海あたりの大きな町で、毎日普通の日本食食って、日本のテレビ見て、日帰り帰国出来て、優雅なゴルフ/日式カラオケ三昧な挙句、日本に戻ったらそれなりの地位と職場が約束されているような、エリート駐在員は対象除外です(笑)

もうこの時点でネガティブだし・・・ (へんっ、単なるひがみじゃないやい!


このブログは、

『これぞ中国!的な田舎の地方都市で、現地人相手に、けなげに頑張る地味な駐在員を応援します〜』

ってなんかのキャンペーンかよ!




【お題】

『大陸に吹っ飛ばされそうな気配のある奴は、事前によく読め』



さて、もしあなたが海外に吹っ飛ばされそうな気配になったら・・・
以下のことを十分リサーチ&検討してから、人生の結論を出しましょう!

あ、一つだけ前提条件。 ヲイラは出世願望は特に無いので、駐在を出世の武器に使おうとしている奴は眼中に無いんで、よそに行っとくれ!あたしゃそんなに暇じゃないんだよ。


ちなみに、ヲイラは【口だけ出世野郎】 が世の中で一番嫌いだす。
ロクな仕事もできないのに出世意欲だけが強い奴は、周りの人間を ”自分のために利用価値があるか無いか” だけで判断する小ずるくて、小汚なく、性格悪くて、人間に値しない奴だと思ってるんで(実際身近に居るしよー)、”香菜(シャンツアイ)”を生でバリバリ食うよりも虫唾が走ります。
ま、そんな奴は、実際中国の田舎で自らの額に汗して働く環境に放り込まれりゃ、直ぐにボロ出るけどな。

どうも最近の日本じゃ、そうゆう小ずるい奴が、パワーポイント得意で部下の成果のピンはねできりゃ出世できる世の中みたいですけどねぇ。(浦島太郎なヲイラにゃついて行けん世界でごわす)


しっかし、横道それてばっかで、さっぱり進まんな。

いい加減次行くわ。

改めて、 

ジャジャン!

≪大陸に吹っ飛ばされそうな気配のある奴は、事前によく読め≫


ヲイラが勝手に選定6ヶ条。


【1】駐在場所の再確認
【2】駐在期間の確認と契約
【3】会社として駐在帰任者に対する処遇例のリサーチ
【4】歴代の駐在員の年齢と役職のリサーチ
【5】帰任してからの職場と職種や立場のリサーチと契約
【6】駐在期間中、日本の会社に居ない、と言う現実(デメリット)を直視すべし





以下詳細。

【1】駐在場所の再確認

→これは重要っす、 特に駐在期間のみならず、帰任直後の周囲の対応に影響するっす。

要するに簡単に言うと・・・

中国帰りはバカにされる、つうこってす。 会社にもよると思うけどさ。
大きな会社で中国帰りが何人も居て珍しくない会社は問題無いだろうな。
逆に小さな会社なら、中国とは言え『海外帰り』 のブランドが輝くようなレベルの会社なら困んねぇだろうな。

正に、Zガンダムにおける”木星帰りのパプティマス・シロッコ” 的ご身分か! (なんのこっちゃ)
画像

こいつがパプティマス・シロッコ(読みにくい名前じゃ)


つまりは、中途半端な会社がいっちゃん良く無ぇ。うちの会社みたいに。

タカトシ並みの”欧米か!” なら、多分それなりに価値有り的な雰囲気と待遇だけどな。 『中国?何それ。レベル低ぅ〜』的な貧困な発想しか抱いていない中途半端な規模の会社は所詮こんなもんです。


ま、あの国はお国柄がアレだけに、国家ぐるみで”ネタを提供しまくる”すんばらしい国なので、すべてがギャグとしか見られない国なのは仕方ないところだが・・・。

当たり前といえば当たり前なんだけどねぇ(かなすぃ)。

とは言え、あの国でさえ、経済成長してるのは事実だし、GDP数値は ”フジテレビの朝の情報番組の司会者の髪毛の真偽”と同じくらい信頼性は低いものの、国民総生産だけに人口が多けりゃ1億チョイしか人口いない国と比較すりゃ、それなりの規模にはなるわけだし、何をおいても日本の本社の給料・ボーナスの為のピンはねの依存度は年々高くなっている状況なのは確かではある。
いくら、アホで、幼稚で、駄々っ子で、態度だけはでかいがケツの穴は小さい国であったとしても(ケツの穴が大きいってのもどうかと思うが・・・)、何時までもこの斜陽な日本が、上から目線でバカにばっかりはしていられない状況でもあり、バカにしつつも現実を直視する冷静さが無い日本でのほほんと暮らしてた様な奴は何時まで有っても、胃の中のなまず 大海のシラス干し、って奴です。


更に言えば、海外を知らない奴らはしょうがないとしても、厄介なのがちょこっとだけ中国出張経験のある奴ら。
こいつらが又中途半端に本場中国 ”ネタ” を生体験しているだけに、中国への差別やバカの仕方がンパねぇっす。

ま、自分が中国に指導に行く、と言う立場(単に仕事の上流だから情報早い”だけ”なのが理解できていない訳だが)だから、自分の方が立場が上! つうスタンスで最初から見下しているモンで、こいつらがもう癖が悪い。
中国に出張に来ても、中国人を尊重し一緒に仕事する、っつう ちゃんとしたまじめなスタンスの人もいない事は無いが、少数派だよな。
最初から最後までこの上から目線だから、いつの間にか対現地人のみならず、駐在員に対しても自分達(出張者)のほうが立場が上だと勘違いしてるしよ。
そもそも俺は現地採用でもねぇし。 元々お前らよりは(どうでも良いが)立場も役職も上じゃっつーの!


中国に出張に来た時は、自分ひとりで飯も食えず、タクシーにも乗れず、こっちが1から10迄世話してやったのに、その恩義すら感じてねぇから。(マジでなんかムカつくわ)

ヲイラが帰任した途端に、見下す奴ら。


中国はレベルが低い=駐在してた奴もレベルが低い=駐在員は日本の命令をに従う立場=駐在員は自分よりも下。

→【結論:中国帰りは自分よりも立場が下】

ってな勝手な脳内方程式を振りかざす奴らが多いこと多いこと。


しかも、中国生産の特性上、低性能大量生産機種が当然ながら中国の主力生産品目。日本は少量高性能製品メイン。こんなのは、企業の中国進出では当たり前の戦略。
が、”低性能製品を生産してる=レベルが低い”、となる訳。

間違ってはいないが、結局そこから脳内優越感で見下す訳ですよ。

(日本の)俺らは高性能な立派な最新製品を金掛けて生産してるが、(お前ら)中国は貧乏くさいしょぼいレベルの低い製品作ってるから楽で良いよな、俺は最新高性能製品ばっかりやってるが、お前はしょぼいレベルの低い製品しか知らないだろう的な上から目線。

つうか、目線だけでなく、マジで仕事の会話で面と向かって言われたりするからな。
顔面パンチでぶん殴りたくなる。(気が短かったら、今頃一発入れて辞表だしとるかもしれん)


なんなんでしょ、コレ? 全く持ってお前の成果でもお前の実力でも何でもねぇよ。単なる企業としてのビジネス戦略だっつーの。
日本の製品に関わってりゃ、偉いんか?
逆に中国並みのコストで生産する努力でもしてみろっつーの。

なんか勘違い野郎ばっかりで困るねぇ。
で、結局中国帰りは、差別を受けてバカにされるって事ですわ。 同じ会社の仕事に上下関係なんぞねえわ、ボケッ!


あと、特に頭にくるのは、飲み会なんかで中国をバカにすること。

って”ネタ”の宝庫なだけに笑いのネタになるのは当然なんだが、中途半端に出張経験した奴らが、飲み会でバカにしたときの態度が超気に食わない。

最終的にこっちに投げかけてくる扱いや視線が、

『お前、良くあんなところに何年も住んでたよな。信じらんね。俺だったら嫌だね。お前もあのレベルの低い奴らと一緒なんだろ?』

的なフリがめちゃくちゃむかつくわ。

なモンで、最近同僚と飲み会有っても、中国の話題が出ると、無言の苦笑いでさらっと流す。

内容は事実だし、それを受け入れて共存してある意味時にはあっちの環境に入り込まないと生きていけないこたぁいっぱいあるっつうーの。
笑い話じゃなく、こちとら好きで行ったわけでもねぇし、生きる為に必然的にそうしなければならんことだって有るっての。単純にバカにしてればいいってモンじゃねぇんだよ。

俺だって時にはネタにはするけど、バカにして見下すばかりじゃ、仕事で現地人管理して上手くやって行くこたぁ出来ねぇっよ。(実はそれが出来ずに、現地人から総スカン食ってるアホな駐在員も居ますがね。現在進行形で。)

出張者が尊敬されてる訳でもなんでもなく、単に新しいことを指導する立場だから、現地の人間が素直に話聞いてるだけだっつーの。別に彼らが、出張者自身を人間的に尊敬してるわけじゃねぇよ。
それを自分は、野蛮人に文明を授ける神様的な立場だと勘違いしいてるアホが多いんだよねぇ。
10年前の素朴な中国人は日本人尊敬してくれたけど、最近の中国のわけー奴らは、別に日本人を尊敬もしてないしありがたいとも思ってねぇし。

自意識過剰だっつーの。


日本に戻って、周りがそんな感じばっかりなんで、職場の飲み会はしらけてどんどん参加する気が失せるわ。
別に中国なんて興味もねぇクセに、自分たちが優越感に浸りたいが為に、わざわざ中国を卑下する話題を持ち出してくるからな。


中国初め、途上国的な所に飛ばされた経験者のみなしゃまは、やっぱこうなる運命かな。
(まぁ、あの国のネタ提供率は世界一だけどよ。 あの国はやっぱ特別か?)



困ったモンですな。

つうこって、ようやくここで結論。

飛ばされる時には、駐在先がどこか? で帰任後の周りの対応変わってくるので、十分お気をつけあそばせ。
要するに、中国の地方都市や田舎への駐在命令は、引いた瞬間に文字通り

”貧乏くじ”

ってこってす。


後々駐在から帰って来た時に、”欧米か?” の人たちとの差別を実感しますぜ、多分。


(その4)に続く・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
帰任駐在者の精神的ダメージとは(その3) 熊猫fanfanの『ぐ〜たら』 "元"駐在日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる