熊猫fanfanの『ぐ〜たら』 "元"駐在日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 新疆ウイグル旅行記(その1)

<<   作成日時 : 2010/05/30 21:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

え〜今更ながらではごじゃりますが、ようやく写真の整理が付いたんで、五一節(中華的GW)の4連休に行ってきた 『新疆ウイグル』 な旅行記でもうぷしま。


最近、大陸の有名観光地はあらかた荒らし尽くしてしもて、なかなかめぼしい所が見つからん。
4連休ごときでは、中国現地ツアーも近場しか無く大悩み。
(パックツアーは、飛行機代の元を取るべく大体5日以上のツアーしか無ぇっす。4連休だとしょぼしょぼ。大体どこももう行っちゃったし・・・)
つうこって、今回は未だ制覇しとらんGO GO WEST! 西の果て、新疆ウイグル自治区にロックオン。
シルクロードだす、シルクロード。(敦煌以来何年振りだ?5年振りか?)


が、普段ヲイラの街から新疆ウイグルのウルムチ迄の直行便 が一日一便は有った筈なのに、このGW、上海万博のせいか直行便飛んで無ぇとよ。ザケンナ!
(短い連休フルに駆使しようとオモタのに、時間のロスじゃぁ)
なもんで、Net時刻表見ながらあちこちの乗り継ぎ便のタイムスケジュールを駆使した結果、結局上海経由にケテーイ。(あ〜あ、ヤダネェ地方在住はよー。結局乗り継ぎ足枷で選択肢皆無。ザケンナ)

おかげで結局虹橋近くで前泊せにゃならんかったよ。(もったいなー)

とは言え、上海虹橋空港 がリニューアルしてから始めての上海。
おニューな虹橋でけぇっすねぇ。国際な浦東よりもでけぇでやんの。実は翌朝自分が乗る筈の中国南方航空が、ターミナル1かターミナル2かも良く分かってねぇし。昔だったらAとB、歩いてすぐじゃんよー。
(前泊ホテルのフロントもよく解ってねぇでやんの。おまいは虹橋エリアのホテルじゃろが!


さて当日(5月1日)から万博開幕な虹橋空港位置口にはこんなが登場。

画像

万博マスコット 『海宝』 な植木


ちなみに、空港のターミナル入るとチェックインカウンターはまた別ゲートで仕切られており、そこで10人程度に小分けされ、一旦隔離。
で、なんか訳判らん薬品か何かで荷物チェックされます。その反応見るのに数分かかるっぽい。で数分後にようやくゲートープン(俺らは競走馬か)。それを二列で別々に10人位ずつ隔離検査。
何の検査っすか 爆発物? 放射性物質? とにかくメンドクセ。
でチェックイン後のセキュリティチェックも結構厳しくメンドクセ×2。
靴まで脱がされ、トレイに入れてX線検査っす。で、なんとズボンからベルトまで外してX線通せと。┐(´д`)┌ ヤレヤレ
なんか見てると、靴脱がせる列と脱がせない列が。

検査員適当すぎじゃ!(゚Д゚)ゴルァ!!

当然、列の消化具合も全然違うんで、虹橋のセキュリティチェックでは、前の方チェックして靴脱がんでも良い列に並ぶ事をお勧めしま。
やっぱ結局は全てにおいて雑な国じゃ。(どうせ暫くすりゃ、又適当に戻るんだろうケドな)

どうでもいいが、毎度毎度虹橋のセキュリティな姉ちゃん、金属探知機で人のチ●コぐりぐりすんのヤメレ。くそ
中国全土、何処でも結構やられるが、毎度毎度虹橋の姉ちゃんが一番プレイが激しいっす(笑)



さて、ようやくココからが未知の世界。ヲイラにとっちゃ初の新疆ウイグルエリア。日本に帰国するより遠いっすよ。

毎度期待なぞ全くしてない中国国内線のエコノミーな機内食


画像

なんと機内食にも宗教色


はい。パッケージに貼られてる 『清真』 のシール。 はい、コチラがイスラム教徒向けの『豚肉を使用しないメニュー』 だす。

中身はコチラ

画像

まぁ、相変わらずしょぼしょぼな訳だが・・・


清真料理と言っても、中国国内いつでも、何処でも、どの航空会社でも登場する謎の組み合わせ、【パン】【搾菜】 の黄金ペアは健在です(笑)


日本帰国よりも遥かに長い飛行時間をひたすら爆睡し、昼過ぎにようやく新疆ウイグル自治区の省都(って省じゃないけど)のウルムチ市(烏魯木斉)に到着!

画像

コチラがウルムチ空港


って、外観なぞ何処でも同じだけどさ。(ん〜 あんま空港の写真って意味無ぇよな)



ついに、この広大な中国の西の果て、新疆ウイグル自治区制覇!
(って、本当の西の果てのカシュガル迄行く時間も無いが・・・ 一応ウルムチで制覇したことにしよう!いい加減じゃ。)

さて今まで新疆ウイグル来よう来ようとは思ってたんだが、いかんせん去年はこんな事件有ったしねぇ。
http://www.afpbb.com/article/war-unrest/2619256/4342444

さすがにおっかなくて来れませんでしたよ、ハイ。

つう事で、さすがに最近は騒いでないが今回現地着いてからも、最初は結構びくびくモノ。
巻き込まれたらヤダし。
嫁は漢民族なだけに、さすがに何かあったらヤベぇって。なもんで状況に応じて日本語喋りまくるか、などどちょっとドキドキ。

やっぱ海外は、現地の街の様子肌で感じて、治安の雰囲気を確認するまでは安心できないですなぁ。
が、結局はタダの杞憂でヨカッタヨカッタ。


(その2へ続く・・・)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新疆ウイグル旅行記(その1) 熊猫fanfanの『ぐ〜たら』 "元"駐在日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる