熊猫fanfanの『ぐ〜たら』 "元"駐在日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 四国美味いもの食いまくり旅行記(その3) 〜香川 谷川米穀店編〜

<<   作成日時 : 2008/12/07 00:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

さて、本日2軒目は・・・

こちらは貴重な、昼わずか2時間しか開業しないという幻の店。

その名も『谷川米穀店』。

本業が米穀店だけに、うどん店としての営業は正午を挟んだわずか二時間。

まぁ幻つっても、最近は結構有名になっちゃったらしいす。
今回の食い倒れで、『エージェントT』がココだけは外せない!と、こだわったお店がココ。
そもそものタイムスケジュールが、この店の幻の営業時間をメインに作戦立案されとるし。

山越うどん店から更に山奥へと進み、徳島県との県境に向かい、しばし進むと。。。

じゃじゃーん、ついにとうちゃくー!

って、なんじゃこりゃぁ!!!
画像

既にかなりの行列


緑に囲まれた静かな地域が・・・
さすがはお盆休み、既に結構な行列。かなりの人気です。
隠れた名店のはずが!既に 人気店ですた。


で、先ほどの『山越』さんとは違って、基本は観光名所じゃァないので、お店もこじんまり。
よってキャパが少ないために、結構待ちましたね。
まぁ、さっき2玉食ったばかりだから、多少時間おいたほうがいいので、コレはコレでのんびり行列待ち。

画像

おっ? いよいよ行列終了間近か?


お店の入り口には・・・

画像

まじで営業時間は2時間のみです


燦然と輝く のマーク。 まさしく米穀店です。

じゃじゃーん、30分ほど並びいよいよ店内入場! いよいよありつけることに!


画像

お店の中はこんな雰囲気(さすがムチャ混み)


さすが、山越さんとは違い本業で無いだけにお店はあまり広くないっす。よって待たされてもやむ無しの雰囲気。

メニューはこちら

画像

ハイ、すげぇシンプル。


飾り気全く無し。正に直球勝負。 うどんの美味さだけで勝負って感じっすか。

さぁ、いよいよ待望の一食!

画像

こちらが谷川米穀店の冷たい小+たまご


こちらは、ねぎはセルフ。テーブルにあるんで好きなだけ。
更に味付けはシンプルに生醤油。

画像


ネギたっぷり、生醤油を掛けてたまごを絡めて食します。

『うめぇ〜』

いやぁ、普段 『生卵なんて危なくて食えないっすよ〜』 ┐(  ̄ー ̄)┌
状態な危険が危ない国に住んでいる身としちゃぁ、生卵絡めて食えるだけでも、実にシアワセな気分だったりします。
感動のポイントはそこかい 、ヲイ

さらに、自家製?と思わしき、『唐辛子の漬け物』 の薬味をトッピングすると、これまたピリカラで趣が変わって、更に

『うめぇ〜』 ×2

無茶混みなだけにのんびりもしてられなかったが、お替わりすりゃ良かった。(ハゲシク後悔)
食い終わった丼持って、おばちゃんに言えばお替わりできたようです。

画像

エージェントTはココで大(2玉)をチョイす


ちなみに、料金は完全後払いメニュー自己申告制。

いやぁ普段大陸のどろどろとした『騙される方が悪い系の暗黒社会』に住んでると、こうゆういかにも日本的な他人との信頼関係の上に成り立つ心温まるシステムっつうもんは、心に染みますねぇ。(ひさびさ)


実は、ここも知る人ぞ知る有名店だけに、エージョントT、おみやげの持ち帰りを頼まれてたらしいが、さすがに本来米穀店だけにそうゆう雰囲気では無く、お持ち帰りは存在しない模様。 長蛇の列の客さばくために、『じいちゃん・ばあちゃん大奮闘の巻き』状態だったっす。
お土産あったら、オイラも欲しかった。

さすが2時間のみの営業時間、緑に囲まれた静かな環境とは裏腹に、店内は凄い活気。
イヤハヤ人気有りますねぇ、ここは。

いやぁ、ココはまじで美味かった。


さて、本日3軒目は果たしてどこに!



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
四国美味いもの食いまくり旅行記(その3) 〜香川 谷川米穀店編〜  熊猫fanfanの『ぐ〜たら』 "元"駐在日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる