熊猫fanfanの『ぐ〜たら』 "元"駐在日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 青森・秋田温泉旅行記(その1)【温泉編 青森・黄金崎不老不死温泉】

<<   作成日時 : 2008/03/23 03:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

え〜、旅好き、温泉好き、うまいもん好きなおいらとしては、海外だけでなく、日本国内でもあちこちうろついております。最近では年2回位しか帰国しとらんですが、その僅かな帰国期間中であっても、おとなしくしときゃいいのに、うろうろ出歩いとります。
つうこって、たまには日本のネタということで、今年2月春節休みの日本帰国時に行った旅の記録残しとこう。


毎度毎度帰国時の旅のプロデュースは、腐れ掛かった我が愛車の車検とか、日本でいろいろ頼み事を一手に引き受けてくれているのが、日本時代の同僚の『エージェントT』。 こいつが又、秘湯オタク且つ無類のラーメンマニア。
つうことで、今回もエージェントTのミッションに従い、相変わらず秘湯とうまいもんを求めて、青森、秋田方面へGO

それでは先ずは、温泉めぐり編から。

最初のお宿は、青森県の黄金崎不老不死温泉
過去に数度、近くを通ったことは有るものの、温泉すら入らずにスルーしていたこの温泉。
念願叶ってようやく今回宿泊と相成ることに。

海っぷちの、夕日が見える波かぶり温泉で超有名なこの温泉。


が、さすがは冬の日本海。雲どんよりだったんで、所詮夕日は無理だった。(悲)
とまぁ、到着時には日も暮れており、そもそも日没後の外湯露天は入れないので、夜は大人しく諦めて内湯に。


で翌朝は、いざ!念願の海岸っぷち波かぶり露天風呂へ。

冬の日本海だけに、ざぶーん! どどーん! っと、荒波の中から今にも石川さゆりや山本譲二が出てきそうな勝手なイメージを抱きつつも・・・
穏やかですた。 らっきー。 (そもそも発想が貧困だぞ! 太平洋側育ちのオイラ)

こんな感じっす。
画像

真ん中にあるのが、名物の外湯露天(正に海岸)


入り口から見るとこんな感じ。
画像


中に入ると、
画像

目の前には、どどーんと『冬の日本海』が広がります。


ごめんなさい。本当は撮影禁止ですた(当然だ!ボケッ)。
お客さん皆無だったので勘弁。(客居たら犯罪だって 隣に女性専用はあるものの、一応こっちは混浴)

画像

絶景かな絶景かな

(とりあえず無理やりくっつけてみました。ホントはもっと広いっす。一部抜けてます。)
※残念ながら山本譲二は居なかったっす。チィッ!

いやぁ、大陸とは違って、『静かで』『綺麗な空気と』『変な色してない海を見ながら』の、のんび〜り露天風呂。
やっぱいいっすなぁ。 帰国の度にこれでようやくリフレッシュ。
日本人に生まれてよかったですばい。


さて、今回のお楽しみ夕食タイーム♪
たまの帰国だけに、奮発してちょい料理グレードあーっぷ!
それでは御覧有れ、このボリュウム。 (マジ食い切れんかったぞー)
画像

豪華夕食


オプション追加で鮑さんの地獄焼!(さすがに生きちゃぁいなかったが)
画像

丸ごとそのまんま


う〜ん。これぞ日本食。満足・満足。
当然ながら、強烈に腹いっぱいで全部食えず。 結局酒のつまみとして部屋へお持ちかえり。

満腹にうなされつつも、一寝入り後 もっかい温泉入っての、酒飲みターム 突入

本日の 地酒 はこちら。(温泉行ったら当然こいつも楽しみ!)
画像

純米大吟醸『稲村屋文四郎』


青森駅前のお魚市場でお店のおばちゃんイチオシ。で、素直に衝動買いしたこの一品。

青森県 鳴海醸造店 大吟醸 稲村屋文四郎〜酒どころ津軽黒石市を代表する、香り高く濃醇辛口でキレのある吟醸酒〜

いやぁ、美味かったっす。久々の地酒っつーこともあるが、この酒そのものが美味い!
辛口好きの我輩、むっちゃ気に入ったっす、こいつ。


え〜さて、実は今深刻な問題の、年々寂れていく東北地方のリゾート、観光地。
芸能人、レポーターがちょくちょく訪れた実績のある、この超有名な黄金崎不老不死温泉も、
真冬だけに金曜の夜なのにお客さん少なぁ。(夏は人気有るんだろうけどなぁ)
やっぱ冬の北東北は,スキー以外の観光は厳しいか!
で、多くの地方が取り入れている、中国人、韓国人ツアー誘致。
ご多分に漏れず、この黄金崎不老不死でも・・・

朝飯の時、韓国人どっっちゃり。 しかもすげぇうるせぇし。(声でかすぎ)
周りハングルだらけ。

せっかく、大陸の喧騒(いや騒音だな)から逃れてのんびり充電しに帰ってきたのに・・・ 台無し。
おりは温泉で、のんびり・まったりの日本情緒満喫のために、久々日本に帰って来た筈なのに・・・ 筈なのに・・・

一体どこの国じゃぁ!  (ぶちこわし (゚Д゚)ゴルァ!!)

日本の皆様、どんどん国内旅行に出かけて地方活性化させましょう。
せっかくの日本の温泉。日本人が居なくて外国人ばっかりっつーのも寂しいですわ。


さて次回、まだまだ温泉編で引っ張るのであった。


【おまけ】
〜黄金崎不老不死温泉の近くの観光情報〜

千畳敷 =千畳敷(せんじょうじき)は、青森県西津軽郡深浦町にある海岸。津軽国定公園に属する。地名をとって深浦千畳敷とも。=

画像

千畳敷

ココこそ、山本譲二生息してそうやん!(まだ言ってるし、シツコイ!)

画像

千畳敷駅裏の自然の芸術


いやぁ、なかなか風光明媚っす。

ココの名前は、千畳敷ですが、何故か出てくるイメージは、宮崎県の『鬼の洗濯板』
どうもあの『水曜どうでしょう』〜原付西日本編〜のイメージ強すぎ! 
(そういや西日本編お蔵入りになっちまったねぇ)

千畳敷だっつーのに、『洗い物はねえがぁ!』『お、俺の靴下がぁ〜』などと、道中の車中で、どうでしょうネタで盛り上がる三十路コンビであった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
青森・秋田温泉旅行記(その1)【温泉編 青森・黄金崎不老不死温泉】 熊猫fanfanの『ぐ〜たら』 "元"駐在日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる