広州旅行記(その2)~長隆香江野生動物世界編~

え~前回に引き続き広州旅行記?なんすが・・・
前述の通り、広州ってなんかあんま見るべきもん無いんすねぇ。五匹のヤギ像見てもねぇ・・・

てな訳で、どうせなら遊びまくろうというこって、事前にさらっと調べてた広州市番禺区にあるという、『長隆遊楽園』へ。が既に午後なので遊園地はあまり遊ぶ時間なし。よって今回は同じテーマパーク敷地内にある動物園のほうに行くことに。これと夜間に行われるという「長隆大馬劇(サーカス)」も含めたパック券を購入。
ちなみに、この野生動物園、所謂サファリパーク併設で、徒歩観覧のコースとは別に、サファリパークのバス観覧と自車での観覧が有るみたいっす。

今回は時間無いのでサファリパークは断念。通常の動物園コースへ。
あ!毎度の事ながらネタバレバリバリなんで、楽しみにされている方はすっ飛ばしてください。
(まぁ普通の動物園レポやってもツマランので、所々にネタちりばめバージョンでお届けしやす)



まぁ、この動物園、結構でかいです。
で、さすが中国の動物園だけあって、パンダ が結構な数いたりします。
画像

やっぱり汚い・・・


ハイ、毎度お約束。 パンダが黒と白ってのは、幻想の世界であって中国のパンダって・・・

 と 

なんすよねぇ、どこでも。 やっぱキタナイ。 

ココは結構な数がいて・・・  でも所詮昼はこんなんですた。
画像

相変わらずぐうたら・・・


まぁどこでもこんなもんでは有りますが・・・

これなんか、もう。

画像

ずり落ちそう・・・


ここまでぐうたれていても世界の人気者・・・  なんか不公平 

まぁこんな飲んだくれ親父みたいな奴ではあるが、プロが写真撮ったりすると、こんなに愛くるしくなっちゃうからあら不思議。
画像

園内のパネルより



ちなみに、ぐーたれ具合からいえばコイツも負けず劣らずな訳ですが・・・
画像

コイツも寝てるだけなのに世界の人気者・・・


そのほかこんなのも。

コイツラも暑さで_ノフ● グッタリ

画像

死んでるかとオモタ


そのほか、こんなの初めて見た。

画像

白カンガルーだってさ


可愛くない・・・  つうかハッキリ言って ”キモイ”



続いてはこんなのも。

画像

さすがにこりゃアウトでしょ


思いっきり放送コードに引っかかってるんで、モザイク処理させて頂きやした。
こりゃぁまずいって。
女の子見たら ”トラウマ” になっちまうぞー。

さてこちら、珍しいホワイトタイガーが目玉で、このテーマパークーのイメージキャラクターになってます。
で、その珍しいホワイトタイガーのショーが見られます。

画像

ホワイトタイガーショー


まぁ、一般的な火の輪くぐりとかやります。で、ライオンとのコラボとかも有ったりします。
内容は・・・まぁ普通の猛獣ショーですな。 つうか内容よりも猛獣使いな美人おねいさんしか記憶に無いが・・・(露出不足で手ぶれ写真ばっかり。残念

で、この猛獣ショーに出てきたキャラがコイツ!

画像

キモッ!  


なんかさぁ、TVドラマのダークエンジェルに出てきた、遺伝子操作でつくられたバイオ兵士にこんな奴おらんかったか?
この中途半端さ加減が・・・ 涙ちょちょ切れますなぁ。

ちなみに後でupしますが、ココのテーマパークの遊園地のほうの被り物達も、センス無さ過ぎでなかなかシュールです。 全てこんなの。


さてキモイ写真が続いたので、心和む奴を。

画像

ホワイトタイガーの赤ちゃん


画像

こちらはライオンの赤ちゃん


可愛い後は、やっぱネタ。

画像

巨大 ”ゴミ箱”


やはりセンス無し・・・

画像

股間めがけて・・・?


やはりセンス無し。


さぁ締めはこちら。  この群を抜くほどのセンスの無さ



画像

どうすか?



このやる気の無い顔。 キモイ通り越して、こえぇっす。

座りたかぁないねえ。つうかよー、日本人の子供だったら間違いなく逃げるって。
なんかタバコでもふかして、仕事さぼっって一服してるって感じだな。

いやぁ、顔見た瞬間、漫☆画太郎の画風思い出しちゃったよ。
『珍遊記』 に出て来そうな顔してね?


いやはや、なかなかこった演出してくれますわ。

大人でも楽しめる(別な意味で)動物園、一度どうっすか?


(おまけ)
fanfanと愉快な仲間シリーズ(つうか毎度毎度のその地にちなんだ旅行土産。我が家動物園化計画の一環)

今回は、ぐーたらパンダの記念にコイツをget。チャイナ服バージョンです。
画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

面白い 面白い 面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 中国バックパックの旅 ~広東省広州

    Excerpt: 今月の新規ゴールド会員受付中↓↓↓  桂林から夜行電車で8時間、着いたのは香港との玄関でも有名な広州。「食は広州にあり」という言葉�... Weblog: Keiのオフショア投資ブログ racked: 2010-02-02 20:50