熊猫fanfanの『ぐ〜たら』 "元"駐在日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 帰任駐在者の精神的ダメージとは(その2)

<<   作成日時 : 2013/04/11 00:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

さてー ほんじゃ一気に行きやす。


2011年当時、震災の影響で世間様やら職場やらがグダグダな環境の中、大陸からばたばた帰国させられて、もうそろそろ2年。

正直毎日 【後悔】 の日々ですわ

画像


え? 何が?って、そりゃ10年前に駐在蹴っときゃ良かった、の一言に尽きますわねぇ。


10年前のまだ若い時に干されるか?

駐在で散々苦労してきて年食ってから干されるか?

だけの違いだからねぇ。


もちろん後者の方が人生におけるダメージは絶大!60分フルタイム間もなく時間切れの間際に、フラフラな状態に三沢のエメラルドフロージョンまともに喰らうぐらいの超強烈ダメージ。(何のこっちゃ)
画像

これがエメラルドフロージョン(こんなの食ったらマジ死ぬわ)





リストラじゃないのに仕事干される? 


イヤ、マジです。


世の中には、こうゆう会社もあるってこってすぜ。 

”海外駐在!” は要注意だす。



もし、駐在蹴って干されるなら、飛ばされる前のまだ若いうちなら何とかなるチャンスもあったかもしれん。
当時の偉いさん達もさすがに入れ替わるし、相当なことが無けりゃ年さえ食ってなけりゃ時間が経てば少しは待遇改善されるだろう。

つうかよー、10年前に飛ばされることが決まった瞬間にとっとと転職しときゃよかったわ。
バブルはじけて景気悪かったが、今だって結局経済状況変わらん(つうか今の方がこの業界マジヤバイ)のだったら、とっととダーマの神殿行って僧侶(あ、いや踊り子の方が)にでもなっときゃ良かったわ。

画像



とにかく、後悔どころか今頃になって自分自身を恨むのみ。
あんとき、経験値やヒットポイント半減するのを恐れず転職しときゃ、今頃魔法が使えて憲法の達人のスーパースペシャルな遊び人になってたかもしれん。


ま、教訓としては、それぞれの会社にもよりますが、海外に吹っ飛ばされるチャンス? (なのか危機なのか判りませんが) がある人は、是非 『自分の会社が駐在者に対してどんな仕打ちをする会社なのか』、ちゃんと見極めてから人生決めよーねー。



じゃじゃーん。
さてここで、中国駐在経験者が送る、『海外(特に大陸)に吹っ飛ばされそうな気配のある奴は、事前によく読め』 的なアドバイスにもならない余計な知識を伝授いたそうぞよ。

つってもなぁ、それぞれの会社の風土、環境、職種、条件、戻ってからの周りの奴らの性格(笑)、等々あるんで、参考にもならないが 読みたい人は読んでたもれ。
(単に惑わせるだけだったりして?)


尚、このブログを読んで、(悪い方に)人生が変わってしまったとしても、全く責任とれんし、取る気も無いです。ハイ!

(・へ・)



ただ、ヲイラのように、気楽な気持ちで海外行って、お勤め全うして無事娑婆に戻ってきたつもりになってたものの、実はサラリーマン人生崩壊の危機! てな可能性無きにしも非ず、ってなことをリアルな事実と共に記念に載せておきましょう!



それでは次章以降いよいよ始まり〜。

(誰も読んどらんて)


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
帰任駐在者の精神的ダメージとは(その2) 熊猫fanfanの『ぐ〜たら』 "元"駐在日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる