熊猫fanfanの『ぐ〜たら』 "元"駐在日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 今更ながら乗ってみました@中華的パクリ新幹線(後編)

<<   作成日時 : 2011/01/13 01:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

引き続き、今度は帰り編な中華的新幹線レポをお届け。

ボンバル君もどきなCRH1型に乗って、なんとか無事アモイにたどり着いた訳だが、今度の帰りはなんとこちらの新幹線に乗ることに。

画像

画像

どっかで見たことが有る形の『CRH2型』


はい、どっからどう見ても、みちのくの大地を失踪、いや疾走してるこいつにそっくりですな。

画像

本家本元、東北新幹線 『はやて号』


しっかし大陸産は、なんかぶっさいくなライトついてますがねぇ。
目つきがまんま、ハリウッド映画に出てくる、西洋人がイメージする清朝時代の中国人のイメージですな。


しっかしまぁ、どこぞの車屋の御大が、てめぇんところの車を中国で売りたいが為に、技術立国な日本国民の財産である鉄道技術をただ同然でくれてやった成果ですな。

後は、韓国に造船技術教えたつもりがパクられ、シェアも根こそぎもって行かれた苦い経験を生かすことなく、今度は中国にただ同然で技術くれてやった挙句に、いつの間にか海外受注までとられそうになってる、某重工業。
懲りないんかねぇ。
今度はアレですか?二輪のノウハウまでタダでくれてやるつもりかい?
中国製の Ninja なんて・・・ 絶対にNinjaじゃねぇよ。

ま、この2社の中の人は、今頃どう思ってんだかねぇ。
見事な売国奴っぷりですな。 日本国民に土下座しろや!ったく。



所で、ホームで見かけたこの荷物・・・

画像

小汚ねぇズダ袋が山積み


こ、こいつ新幹線に積むんですかい!(驚)

ヲイヲイ、貨物かよ・・・

なんだかなぁ  _| ̄|○




さて、偉大なる中国様(プッ)が、おっしゃられる、我が国独自の技術、確かにありました!
シナ政府様のおっしゃることに間違いはございません。

その中国四千年の技術の片鱗をお見せしやしょう!

画像

CRH2のパンタグラフ



ちなみに、やはて君は

画像

こんな感じ


確かにねぇ、日本の北東北見たいに雪は降らんよ。しかも騒音問題などどうでもいい国だからねぇ。
日本の新幹線みたいに洗練されたデザインが必要とも思えんが・・・


ヲイ、『在来線かよ、オマイは』
コレで200km/h オーバーだそうで。 何年持つかねぇ。(そもそもまともにメンテできるとは・・・)

確かに、この国の技術です。それは素直に認めるわ。


はい、いよいよ内部に潜入!

実は、あいにくこの前日はアモイ国際マラソンなんつう余計なイベントがありやがって、そのせいで新幹線無茶混み余剰チケット一切無しの完売状態。よって・・・2等座席しか取れんでしたわ。
(尚チャイナなパクリ新幹線は1等/2等座席の他に、なんと立ち席チケットも有ったりしま。)

つうこって、今回は2等客車のご紹介!

さて、このはやてのできそこない的チャイナなCRH2なんですが、2等客車はな、なんと!

『寝台仕様!』

2段ベット2列のなんと4人用コンパートメントになっとります!
しかも!チャイナな寝台者には珍しい、扉付き。コンパートメントごとにドアが閉められます。

画像

2等車両は、このコンパートメントがずらーっと!

正に気分はオリエント急行♪(なのか???)

が!

なんと!あらビックリ。 2段ベットはただのお飾り。
実は!

画像

画像

3人掛け2列の6人用指定席・・・ ですた


ヲイヲイ。

2段ベットなのに、上段はただの荷物置き場。全く持って意味無し。
下段のベットに、3人仲良くベンチシートで座る羽目に。なんちゅう設計じゃ。
後で寝台者に転用するつもりなのか、単に何も考えずに設計しちまったのかは果てしなく不明。
ま、輸送キャパ考えりゃ、寝台にするわきゃねぇわな。値下げした分維持でも無理矢理詰め込むつもりだろうて。
(つうか、どう考えても輸送効率悪ぃわな、これ)

百歩譲って、今後長距離延伸営業したとして、こうゆう客車も有ってもいいとは思うが、今時点で2等客車殆どがこれってどうよ?

しっかし、このコンパートメントな作り、知らん人と一緒だったらどうすんだよ、これ。
しかも見知らぬ野郎3人の中に、若い女の子一人だったら。 ゾォォォ・・・
まーったくもって、プライバシーも治安も考慮しとらん、、クソ設計。意味判らんわ。
せっかく新幹線乗ってるのに、何時もの中国在来線のと変わらんってのはねぇ。

ヤレヤレ ┐(´ー`)┌

さて、社内を軽くお散歩。

画像

トイレは様式!


でもなぁ、やっぱここでも便座に靴で乗っかってしゃがむ奴いるんだろうなぁ。


画像

寝台構造だけに・・・

車両の入り口にシケインあり。(なぜにここにクランク通路作る!)
どう考えても安全性無視。歩きづれっつうの。


画像

じゃじゃーん、話題の洗面所


コレが、開業当時話題となった、片っ端から盗まれた赤外線センサ付蛇口。 そんな珍しいか?(中国でも普通に有るじゃん)
乗車記念だからってよー、蛇口までパクるか。
※第二次大戦中にドイツに侵攻したロシア軍みてぇだな(蛇口だけパクっても水は出んて)

後は・・・

こ、これぞ中国様独自開発!

画像

さすがは中国、どこにでも有る給湯器


いやぁ、さすがにこいつは、パクリ元で有る日本のはやて号にゃありまへんな。
こいつだけは『我が国固有の技術!』 なんてほざいても許してやるわ。 My お茶瓶持ち歩くお前らしか使わんわ。
(日本の新幹線の中でカップめん食う奴なんぞ見たこたぁねぇわ)


はい! トドメはこちら。


画像

なぜか客席通路に有る電装系インジケータパネル


どう見ても、乗客に見せるパネルじゃぁねぇわな。

しかも、しっかり 『故障』 なんて表示されとるし。客に見せてどうする!(つうかとっとと直せよアホ)
壊れたまんま運行してんじゃねぇよ。

ちなみに、新幹線なのに非常脱出用の、『窓ガラス割り用ハンマー』 が常備されてました。しかも脱出専用破壊用窓まで。
(って、高速鉄道の窓が、そんなに簡単に割れていいんか!おそろすい・・・)
飛び石ごときで、窓がガッツり割れそうだわ。



いやはや、さすがは、誇るべき 『我が国同時技術!』 だけのこたぁありますわな。



恐るべし中国。

ぜひアメちゃんには、このすばらしい新幹線導入して欲しいもんですわ。
すんごいことになりそうだわ・・・(果たしてヤンキー達は耐えられるか!)



おまけ。

なんだかんだ、パクリとはいえ、短期間で完成させてしまう凄さは正直侮れん。(所詮チャイナチャイナでは有るが、馬鹿にばっかりしてると、日本もやばいよ〜)


が、車窓からは今の中国を象徴するような光景が見られます。


画像

世界の車窓から@中国福建省


高層ビルの前には、レンガむき出しのボロ屋が・・・

ぜってぇおかしいって、この国。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
中華的新幹線追突脱線! らしい・・・
昨夜、携帯いじくって大陸的ニュースを覗いてた嫁が突如、 ...続きを見る
熊猫fanfanの『ぐ〜たら』 "元"駐...
2011/07/24 03:14

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
今更ながら乗ってみました@中華的パクリ新幹線(後編) 熊猫fanfanの『ぐ〜たら』 "元"駐在日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる