熊猫fanfanの『ぐ〜たら』 "元"駐在日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 新疆ウイグル旅行記(その16)〜天池観光・前編〜

<<   作成日時 : 2010/09/08 05:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

だいぶほぽってましたが、新疆ウイグル旅行記の続きを再開しま。
(ま、所詮個人の記録だしな。季節感まるっきり無しだが、良しとするか)
さぁて、どこまで書いたか・・・

お、トルファンレポがようやく完結したところだったわい。
そんでは引き続き。。。

トルファンの日帰り旅行を満喫?(ベゼクリク見られんかったがな)の翌日は、これまたウルムチの観光旅行では、『超ベタ』な、山に囲まれたきれいな湖の【天池観光】だす。

画像


つうか、ウルムチ日帰り観光って、ほとんどここしか無ぇでやんの。

財布のさびしいヲイラとしては、さすがに二日連続チャーターツアーはきっついので(相当ぼりやがる)、今回は現地な日帰り一日ツアーに参加。
とまぁ、これがまたいつもの中国現地ツアーのご多分に漏れず、朝っぱらこっ早くピックアップされた挙句に、市内の各ホテル引きずりまわしの刑! で、参加者を次々拾っていくパターン。
お約束とはいえ、結局市内出るまでにあっさり1時間オーバー。ったく毎度毎度中国全土日帰り寄せ集めツアーはこればっか。
だから地元日帰りツアーはヤなんだよなぁ。(とはいっても、てめぇの稼ぎが悪いのが原因なので諦めるしかねぇっす。○| ̄|_)

ここで、参加者の中に、珍しくヨーロッパ系白人カップルが。
何でも北京の留学生らしい。(後々このバカップルがトラブルの種になるとは、この時は知る良しも無かった)


朝から雨模様・・・最初からかなりブルー・・・
乾燥地域じゃ無いんかい!(#・∀・)

朝早くたたき起こされた挙句に、市内引きずり回しの刑で早速 _ノフ● グッタリ
市内を出て1時間以上たった後、ようやく最初の目的地へ・・・

お?ようやく天池到着か?

と思いきや・・・


画像

山? 湖じゃないんかい?




画像

も、モンゴルっすか?



はい、実はここ、天池に向かう途中にある、格好客向けな 【カザフ族の民族村】 みたいな奴っす。

新疆ウイグル自治区には、最大派閥?なウイグル族の他にもさまざまな民族が暮らしてます。
で、このウルムチから北方の山岳地域には、遊牧民な【カザフ族】が暮らしとります。カザフ族が作った国家がお隣のカザフスタンっす。
これまたウイグル族とはまた違った雰囲気。

ま、この民族村、なんとな〜く 『桂小枝的 ”パラダイス”臭』 がぷんぷんだった訳だが・・・  
小雨模様だけに更にさぶい!


ここはカザフな民族の皆様の文化を体験する的なツアーっす。(ま、要するに天池自体は単なる湖で大して見るべきものも無いから、一日ツアーじゃ時間が持たねぇ、つうこって無理やり追加な観光ルートだわな。これはこれで貴重な体験だからいいけど)

画像

険しい山の上にはヤギだか羊の姿がちらほら



遊牧民なだけに住居はパオだそうで。で、観光用に再現されたパオの中に入ると・・・

画像

ミルクティーとつまみでおもてなし


画像

パオの中はこんな感じ(内部の骨組み)


内モンゴルで見た蒙古族のパオよりは、色使いとかかなり『おされ』です。


パオの中で、ミルクティーを飲みながらカザフな人の歌とダンスを堪能。

画像

カザフ族なおねいさんのダンス


動画はこちらにアップ
http://nandemoup.com/comment?parent=1008468

陽気なおねいさんと、観光客が一緒に踊って盛り上がります。


画像

お次は、カザフ族な兄さんによる弾き語り

こちらも動画をアップ
http://nandemoup.com/comment?parent=1008469

※注)世界のナベアツではない

動画をYOUTUBEにUPして直接貼り付け様とオモたら・・・  
中国からはようつべアク禁だったでござる、の巻〜

こんな感じで、カザフ族の人との交流終了


最後にお約束。

画像

カザフ族的コスプレ

中国どこに行ってもコスプレて写真撮影10元〜50元ではあるが、ナントここは良心的!
タダですた。パオの中の衣装は自由に着られて写真も撮り放題。いやぁ珍しい。
せこいヲイラは、ここではちゃっかり記念撮影!


そんなこんなで、ようやく目的地な『天池』に向かいます。





(おまけ)
途中下車でパラダイス的観光を強要されかなりサブかったのか、例の北京な留学生の白人カップルがちょっとお怒り。さっさと天地に行け!と。

で、その後ガイドが
『この先天地に行ったら、自然保護の観点から駐車場から湖までは結構距離がある。で、そこまでの移動は別料金』
『駐車場から電動車が出てるので金払え。ケーブルカーもあるからそっちでもいいがそれも自腹。金払いたくなきゃ30分以上歩くことになる』


となったら、さらに白人カップルが怒りまくり(#・∀・)
『別料金は聞いてない、金返せ』 と。『望んでもいない民族村見せられて、遅れた挙句にまだ金取るのか?日帰りツアーの説明ではそんなの無かった!』 と、ご立腹。(ちょっとは普通話話せるらしい。)
挙句には、電動車やケーブルカーの金が無い!と来たもんだ。

学生で金無いのはわかるが、こいつらがもめたせいで、時間の大幅ロス。
見かねたほかの客が親切心で、電動車代援助するから早く出発しよう!というも『恵んでもらいたい訳じゃない』とごねる始末。
むちゃくちゃ腹立ったわ(゚Д゚)ゴルァ!!  変なプライドかざしてんじゃねぇよ。

で、結局こいつらは駐車場の手前で降りて、電動車使わず歩いて行くことに。
ツアー申し込む時にちゃんと聞いとけ、アホが。

後でガイドによくよく聞くと、結局帰りのツアーバスには乗らない模様。結局バックれたらしい。
どうも、金が無いというのは嘘っぱちだったっぽい。
その日は天池のそばにテント張って泊まる気満々だったらしい。

どうみても最初から、トレッキング目的の客で、市内から移動する足が結構めんどくさいし高いので、日帰りツアーをちゃっかり移動手段にしようとしたが、途中でパラダイスに連れて行かれるわ、移動に別料金とられるわで、勝手に怒り狂っていた模様!

確信犯かよ、むかつくわー。(こいつらのせいで20分はロスったわ。)

ちゃんちゃん。





【アンティーク・世界で一つだけあなただけの刺繍】稀少性の高いモンゴルカザフ族相伝のアラフチ刺繍のポーチ。化粧品入れに、タバコ入れに幅広く使えます!
もんごる屋
※この製品は、カザフ族の家に伝わるタペストリーを切り抜いて作られています。それが、アンティークとして

楽天市場 by 【アンティーク・世界で一つだけあなただけの刺繍】稀少性の高いモンゴルカザフ族相伝のアラフチ刺繍のポーチ。化粧品入れに、タバコ入れに幅広く使えます! の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新疆ウイグル旅行記(その16)〜天池観光・前編〜  熊猫fanfanの『ぐ〜たら』 "元"駐在日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる