熊猫fanfanの『ぐ〜たら』 "元"駐在日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 河南省 鄭州・洛陽旅行記(その8)・・・龍門石窟編【後編】

<<   作成日時 : 2008/09/11 06:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

引き続き、龍門石窟旅行記の後編!

こちらの石窟の凄いところはまだ有ります。
画像 画像

画像 画像

壁面に掘られた無数の仏様


結構これが凄い数で圧倒されます。

って、まぁ場所によってはかなり彫り方が『適当』(下手?)っぽい所もあったりしますが・・・
結構凄いです。

さて、『地球の歩き方』にも有るんですが、ここはやはり対岸に渡って全景を見渡すと一層その凄さが解ります。
つっても、橋まで移動するのがめんどくさく(さすがぐ〜たらfanfan)、結局観光船を使っちゃたり、楽し放題だった訳だが・・・

画像

画像

渡し舟から見る風景


対岸には、こんなのも。
画像

般若心経


画像

香山寺


ちなみに、ココには歴代の皇帝とか国家主席とかも訪れるほどの場所だったそうですが、なんとあの『毛沢東』、この地にだけは絶対に来なかったらしい(ガイド談)

理由は、ココの地名『洛陽』 で、自分を勝手に太陽にたとえているうぬぼれ屋さんは、日が没するという地は縁起が悪いと、絶対に来なかったらしい。 ┐(  ̄ー ̄)┌

まぁ、あの中国人には珍しい頭頂部のお姿は、太陽 と言えなくも・・・。


この観光船、実は片道切符で奉先寺洞から乗ると、入り口近くの対岸の龍門橋たもとで降ろされます。

で、この船着場のすぐ目の前が、有名な詩人の『白居易』が庵を構えたと言う『白園』が有ります。
いやぁ、はるか昔教科書で見たような名前が出てくると、結構感慨深いですな。(まぁまともに勉強しとらんけど)

画像


が、残念ながらタイムアーップ! 

鄭州からの日帰りツアーでは、じっくりココを見る時間すら無かったですわ。
鄭州拠点で洛陽観光をお考えの方、時間配分結構きついっすよ。

ちなみに、鄭州発の一日ツアーで、【午前中少林寺→午後から龍門石窟】なんつう結構ハードなツアーも有りましたが、おそらくじっくりなんかは見られんでしょうねぇ。移動ばっかし かと。

思ったより移動に時間とられるので、ゆっくり観光する日程のほうが楽しめると思いますよ。

【おまけ】

龍門内の花の風景。
画像
画像

画像

画像

画像

画像


【更におまけ】

お土産物屋にて

画像

洛陽名物 陶器の馬


陶器が名物と言うことで、なぜか動物の置物が非常に多い。中でも何故か馬がやたら多い。
つうかよー、観光に来てこんな巨大でクソ重たいお土産買う奴少ねぇって。


で、この店で
画像

何故かげいつなおっさん


まぁココに来た訳じゃないんだろうケド。


次回は洛陽編の最後、白馬寺編っす(内容薄いけど)。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
河南省 鄭州・洛陽旅行記(その8)・・・龍門石窟編【後編】  熊猫fanfanの『ぐ〜たら』 "元"駐在日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる