熊猫fanfanの『ぐ〜たら』 "元"駐在日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 杭州とその周辺旅行記(その6)〜『横店映画撮影所の後編』〜

<<   作成日時 : 2008/01/16 02:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

さて、広州街香港街見学後、しょーもない昼飯の後に訪れたのは、『秦王宮』
その名の通り、秦の時代の王宮を再現したセットでごじゃります。
画像

秦王宮 表門


ちなみに、ここにはこの巨大な秦の時代の王宮の他に、明・清代の王宮であるあの北京の『故宮』を模した『明清宮苑』なる巨大セットもあるらしいっす。(CCTVが作ったとか何とか)
いずれも、映画ではおなじみの場所ですな。
秦王宮は、やっぱ故宮とはちと違いますなぁ。

公式サイトを見ると、他にもなにやら結構いろんなセットがあるらしい。
んでも、日帰りツアーで行ったのは、広州街・香港街と、この秦王宮だけですた。
二日ツアーとかなら結構回るみたいっすけどね。
まぁ、本物の故宮見たことあるんで、『明清宮苑』は見なくてもいいや。

どうでもいいけど、ここのサイトで 『主題公園』 って有る奴って、やっぱ 『テーマパーク』 つう事なんだろうな。そのまんまかい。

つうこって、いざ中へ!
画像 画像

表門の巨大セット


こ、この門はひょっとして、あのチャン・イーモウの映画 『英雄』で、ジェットリーがああなって、こうなった場所ではないか。正にこの扉か、つうこってちょっと感動。

で、こいつは!
画像

表門

無極(PROMISE)』で、真田広之だったかチャン・ドンゴンだったかが、あーしたこうした場所では!
などとまさにオノボリサン状態で、チョイ興奮。

ちなみに、我輩韓流には全く興味も無いんだが、『チャン・ドンゴン』ってすげえ名前だよな。
円谷映画に出てきそう。 ってあんま書くと後ろから刺されそうなので自粛。

尚、この門入った初っ端から興奮気味でワクワクドキドキで、あちこち触り捲りだったが、門の中で壁を叩いて見ると・・・ 『ばんばん』?   『ドンドン』? う〜ん。中身空っぽ発砲スチロールの音が・・・ よく見ると色剥がれて、下地の白剥き出し箇所がちらほら。 

う〜ん。

『幻滅・・・』

触らなきゃ良かった。 まぁ映画のセットだから当たり前と言えば当たり前なんだが・・・

ま、気を取り直して。

門を抜けると、ばばーん 

画像

王宮


すんげぇ。スケールでかっ!

これがセット?かっっちょえぇぇ。

作りもんとは分かっていても、結構感動。 いやはやでかいっす。
つうか、作りもんだからこそ、すげぇというべきか。

画像  画像


画像  画像


で、いよいよ王宮の中へ。

画像

王の間  っていうかいわゆる謁見場


おお! ここが、ジェット・リーがぴょ〜んっと飛んだ例の場所か!
ってこんなんだったっけ? う〜ん大分前に見たので、もう忘れちまったい。
画像

玉座


さて、実はここ数時間おきに、アトラクションというかショーが有ります。
で、間もなく始まるとの事で早速、別室の映画館もどきへGO。

が、 時間ぎりぎりに飛び込んだら、既に満席超満員芋洗い状態。やむなく通路に座る羽目に(人多過ぎ!)
ここでは不思議な歴史タイムトラベル物のショーというか映画が見られます。
が、この映画館らしき建物、真ん中にでで〜んと『ぶっとい柱』が2本鎮座間しています。

・・・要するに『じゃま。』  ・・・『柱邪魔なんだよう!!』 

映画館なのに柱があること事態オドロキ(つうか、ありえん)ですが・・・
更に、この柱のショー、じゃなかった歴史映画ショー。 
座席はいっぱいあるものの、真ん中の位置じゃないと映像が良く見えん。両端だと、スクリーン中央が見えず、両脇のおまけスクリーンしか見えず、中央の主役はさっぱり見えず、端っこの脇役とか、風景だけしか見えん。柱邪魔! 
明らかに設計ミスだろ、この映画館。

しかも解説中国語だし、当然ストーリー自体もまるっきりツマランんかった。  わざわざ見に行くほどの価値は・・・ ヤレヤレ。

さて、ここのテーマパーク、出口方面に歩いて行くと
画像  画像


あの、真田広之、チャン・ドンゴン、セシリア・チャンの映画『無極(PROMISE)』の撮影セットが。
つうことで行ってみると。

なんとGOODタイミングで、ショーが。 何でも『無極』のシーンを模したショーが見られるらしい。 で、こんな感じ、
画像  画像


画像  画像


映画のダイジェスト版を演じているらしい。 ま、そこそこ映画に忠実では有りますな。
画像

セシリア・チャンが落っこちるシーン


で、最後がねぇ。これだもんなぁ、感動のエンディングが。
画像

感動のエンディング?

なんだかなぁ・・・ ・・・ ・・・ 

さて出口付近の土産物屋では、『お約束コスプレ物記念写真コーナー』
画像  画像

これであなたも気分は真田広之&セシリア・チャン


いやぁ、なんとも・・・

凄い事は凄いですな、このセット。
来たかいはあったのか、な?

旅行の前に、去年一度ここに来た職場の部下に聞いてみると、

俺 『今度行くんだけど、おもろい?』
部下『・・・ ・・・ う〜ん。』
俺 『?』
部下『やっぱり、旅行行くなら、自然のきれいな場所とか世界遺産とかの方がいいと思いますよ』

う〜ん。ちょっと判った気がするわい。

とまぁ、所詮は作り物の世界なんで、こんなもんと言えばこんなもんでしょう・・・かぁ?

ま、セシリア・チャン役のおねいさんがかわいかったからよしとしよう
『また、それかい!』 
画像


まぁ、映画好きの人ならそこそこ楽しめるんじゃないっすか?
『無極』も昔日本公開前の日本語無い奴見て、ストーリーさっぱり分からんかったが(言葉わかってもいまいちという話も)、もう一回映画見てみようかなっつう気にはなりましたな。英雄も。
(ちなみに、英雄の時よりも、グリーンディスティニーの時のチャン・ツーイーがかわいくて好きな俺)


そういや一昨日、劇場で、ジェット・リー金城武劉徳華(アンディ・ラウ) の 『投名状』 を見たんだが、随所に横店でのシーン出てましたねぇ。 にしてもよくアレだけ上手く撮影するもんだ。すげけや。
一遍横店に行ってみると、その後の映画の見方が変わりますなぁ。(有る意味感動します)
実際その場所にいるときよりも、戻ってきてからTVや映画を見た時の方が、何故かちょっとだけ感慨深いっす。


【本日のおまけ】
出口の奥のほうに、別なセット発見。
つっても本当は入っていっちゃ駄目じゃないか状態の扉の向こう。
が、所詮中国人はお構いなしで、ずけずけ進入。 こうゆう時だけはおいらも中国人の仲間入り

で、写真撮るな、言われてるのに、あちこちで記念撮影やる奴ばっかり。(こんな風に)


どうやらドラマの撮影準備中。 
画像  画像

どうやら【画皮】というドラマの撮影らしい。

CCTV? いつドコで放送してんの?



さて、次回はいよいよようやく、お待たせ江南水郷 『烏鎮』 編をお送りいたしましょう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
北京五輪テーマソングを歌うのは?
2008年8月8日に開幕する「北京オリンピック」。テーマソングを歌うのは誰?... ...続きを見る
北京2008、北京五輪なんでも情報
2008/03/04 18:20

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
杭州とその周辺旅行記(その6)〜『横店映画撮影所の後編』〜  熊猫fanfanの『ぐ〜たら』 "元"駐在日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる