熊猫fanfanの『ぐ〜たら』 "元"駐在日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 杭州とその周辺旅行記(その2)〜『紹興編の中編』〜

<<   作成日時 : 2008/01/06 03:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

さて、臭豆腐な刺激臭の充満した魯迅故居一帯からようやく脱出し、そこから徒歩で移動。

次なる観光地は・・・ ドコだっけ?名前忘れたなぁ。
画像


あった、これだった。
画像

1985年に発掘された、清の時代のお金持ちの家?か別荘?かなんかで、池とか有名な詩の碑だそうで。発見されて、発掘したら池の跡とかいろいろ出てきて、復元したらしい。
画像  画像

なんか許婚の2人の悲劇の物語があるとかなんとか言うてましたが、はっきり言ってツマンネ。池もきったねぇし。 う〜ん行く価値無し!(本当はきちんと話し聞いときゃ少しは感慨深いもんもあるのかも知れんが・・・ 学の無いおいらにゃ時間の無駄だったorz)

つうこって次に訪れたのは、
画像  画像

東湖

紹興では結構有名な観光地だそうで。
(の割には、駐車場やら周辺施設はしょぼしょぼだったが・・・ あ、今突貫で歩道や橋整備してたんで五輪迄には体裁取り繕うつもりかと。)
かつては秦始皇帝も訪れたという景勝地らしいっす。(ホントか?確かに始皇帝は江南地域には来たらしいが)

実は、駐車場から船着場に向かっていると、ここでも臭豆腐の爽やかなかほりがお出迎え・・・ヤレヤレ。

ココは、船でのんびり景色を眺めつつ洞窟めぐり、という実に風光明媚なところです。
画像  画像

実は器用に足で漕いでます。  映画監督の井筒みたいな船頭のおっさん



画像  画像



で、ココで有名なのが、この洞窟! つっても穴にはなってなくて、巨大な岩の割れ目の間に船が突進していきます。(穴じゃないけど、洞窟言い張ってました)
画像  画像

下から見上げると、結構迫力も有りなかなか綺麗っす。

が、洞窟言うクセに、中は行き止まり。奥まで行ってUターン。
で、外に出る頃に後から来た船の連中、なにやら穴の中で大声出しとる。
船頭に聞くも、何言ってるかさっぱり分からん。普通話が通じネェ・・・。何か言ってるが一緒の中国人ですら理解不能。何度か聞き返してようやく中国人なら理解できた模様。(おいらはお手上げでい。)

実は此処、トランペット洞窟とか言うらしく(後で看板見て分かったが)、中で大声出すと綺麗に響くらしいとか何とか。
やい!井筒なオヤジ!洞窟出てから説明すんじゃねぇ
意味ネェ・・・  _| ̄|○

いやぁ、さっきの発掘された奴がアレだっただけに、全く期待してませんでしたがこの東湖、なかなか綺麗で和みます。(チョイ規模小さいが)
さすが江南水郷、なかなか味が有りますなぁ。


が、いかんせん季節は師走の年の暮れ。

さぶいちゅうーの!

気温0度に限りなく近いっつーのに、水の上にいりゃそりゃあんた、むちゃくちゃ寒いって。
風ピューピューだし。
わざわざこの時期に好き好んで水郷行くほうが奇特だわな。
よりによって、年末年始は日本も大荒れになるくらいの寒波だったっつーのも最悪ですな。
我が生息地、ココ最近零下迄行ったことネェもん。いきなりココに来た日にゃ、体も慣れてないしさぶくて風光明媚も何もあったもんじゃねぇ。
どんよりどよどよな冬空の下で見るもんじゃァ無いネェ。

やっぱ、ココは春か初夏に訪れて、爽やかな風に吹かれてのんびりとってな場所ですな。
ぐうたれて、片道で船下りずに、往復切符買ったのが裏目に出やがった。船の上さぶ過ぎ。
いつもの感覚で金ケチって歩いて戻って来りゃ良かった。

世紀の根性なし『怠惰』 vs 炎のかいしょなし『財布の紐』 の対決は、寒くて動く気全く無しのサンドバック状態身としては、さすがのディフェンディングチャンプ『財布の紐』も、1R0分5秒瞬殺速攻『怠惰』のKO勝ちで決着が付いたため(歩いたほうが間違い無く暖かかったかもしれん)、おかげで風邪ひき鼻汁じゅるじゅるの刑になってしまいますた(旅行初日から・・・)

(雪国生まれのクセして、もうすっかり寒さになじめない体になってしまったのねん。 旧正月、クソ寒い日本に帰るの億劫になってきたなぁ。)

と、ダラダラ書いているうちに長くなったので、紹興編ココで一旦ぶったぎります。よって中編に改題。
(途中からカット&ペーストですぐ後編突入!・・・観光初日分から結構引っ張るな、ヲイ)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
杭州とその周辺旅行記(その2)〜『紹興編の中編』〜  熊猫fanfanの『ぐ〜たら』 "元"駐在日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる