熊猫fanfanの『ぐ〜たら』 "元"駐在日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 内モンゴル旅行記---(その10)〜『墓参り編のはずがその前の砂遊び編』〜

<<   作成日時 : 2007/11/17 02:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

ホフホト市内に別れを告げ、車は西へ。
包頭東でICを降り、更に南へ向かいます。

途中、運ちゃんが橋の上でいきなりスピードダウン。

ん? なんじゃコリャ?ココ何処?
何々?

運ちゃん曰く 『フゥァン ハァ』 ん? 何それ・・・・・ (しばし考える)

 おぉ! 『黄河』か! ※おいら黄河を見るのは生まれて初めて。
画像

ででーん。

眼科いやもとい、眼下にひろがる果てしない まっ茶っ茶な世界。

すんげぇ!





キタねぇ! (第一印象)
画像


文字通り色付きっす。黄色と言うよりは黄土色(おうどいろ)って、まさに文字通りか。
もう、これだと汚染されているのかどうかすら、最初からわかんねぇ。

う〜ん、まぁ、とりあえずココまで来た記念記念。


さて、お次にたどり着いたのは、砂漠の観光地。
画像

响沙湾砂漠観光地

〜〜餐沙湾観光地は、クブチ沙漠の北部、ハンタイ川に面したダラト地域にあり、別名”ギンカン”餐砂と呼ばれています〜〜(by現地の看板)

写真中央の馬が居る辺りが、本来は川の底らしい。(雨季だったら)

結構有名らしく、駐車場には全国各地のナンバーが。(至る処に日本語の看板も)
画像  地元内蒙古ナンバー

画像  おなじみ北京ナンバー

画像  山西省

画像  こちらは天津

画像  陝西省

画像  浙江省


まぁ他にも上海とか黒龍江省とかいっぱい有ったけど(広東省もあったし)、さすがにこいつばっかり見ててもしょうがないので、いざ沙漠へGO!
画像

ゴミ箱までこんな感じ


『砂進入防止靴カバー』 なる必殺アイテムを装着し、いざ出陣。(しっかり10元徴収)
画像

そういや鉄道大紀行の敦煌編でも、通訳の陳さんは履いてましたね。
関口坊ちゃんは裸足でしたが。
確かに裸足は気持ちいいんだけどねぇ。
が、何しろ時は8月ど真ん中。しかも直射日光ぎらぎら。無理ッすわ・・・
(3年前に敦煌行ったときは、こんなカバーなんぞ無かったよう)

いや、経験上こいつ履かないと、靴の中がすんごいことに。
うーか、その晩のホテルの部屋が凄いことになりまっせー。部屋中砂まみれ・・・・
砂漠で遊ぶ予定の皆様、ケチらずに10元払ったほうが身の為ですぜい。

まさに気分はモビルスーツ。黒い三連星っぽい雰囲気。(下から空気出てきて浮きそうですな)
てな事を妄想し、一人ほくそ笑んでいたところ・・・・


奴だ!



間違いない!



奴が来たんだ!


画像

赤い奴ら


さすがに3倍の速さでは観光してなかったが。

何故に お・そ・ろ・い 

さて、真夏の真昼間の炎天下、汗水ぶったらして砂漠をエンジョイ。
画像

こんなのとか
画像

こんなんとか乗りまくり。 (このほかに4輪バギーも。写真撮り忘れた!)

さすがにこの暑さ、らくだのキャラバンはキャンセル!(おそらく気温40度は軽〜く突破)
日干しになっちまうわ。
でも、ロシア人らしき観光客のおばちゃん集団は果敢にTRY。
どう見ても体重3桁な強烈ばでぃなおばちゃん連中でしたが。(果たして生きて帰れたのやら)

おそらく下手なエステよりは効きまっせ〜。 

とどめはこれ。
画像

滑砂


せきぐっつぁん達もやってましたね。陳さんかなりびびってたけど。
いや、マジで初めての人は結構ビビリますよ。かな〜り斜面急だし。
(写真じゃ分かりにくいかな?)
敦煌で初めてやったときは最初はびくびくもんだった。
けどまぁ雪国生まれのあっしにとっちゃ、そりも斜面も慣れたもの。 砂は抵抗大きいので、思ったよりスピード死ぬので、結構物足りないっすな。

ココに比べれば、敦煌の奴は距離も長くて、途中で落車するとそのまま斜面を転げ落ちるヤツラ続出で結構おもろかった。

ちなみに、このそりをエンジョイしたい方に、ちょっとアドバイス。

1.子供や小柄なお姉さんの直後は避けるべし。
   →体重軽いため途中で止まるので、後ろがつかえる。(待ち時間多し)

2.そりは選べ
   →ぼろい奴多し。滑走面でこぼこの奴とか、ネジ飛び出してる奴とかが多く
    滑走抵抗になったり、服引っかかったり、最悪壊れたり怪我する危険あり。
    滑走面ぼろいそりは、スピード出ないのでツマラン    

3.体重は後ろへ、足は外に出すな、手で減速するな。
   →そり先端をあげるとスピードアップ。足を出すとすぐ減速。
     抵抗を出来るだけ減らして、自由落下に任せましょう。
     蛇行する場合があるので、バランス取るの大変だけど。


てなこって、砂漠を堪能し、本日の目的地オルドスへ。

本日の格言
『砂漠は2回目行くと飽きる』
まぁ、しばらく行かんでもいいや。 (暑いとやる事ねぇし・・・)

遊び疲れた移動の車中、ふと運ちゃんに確認!

おり『お前昨日、今朝の日の出朝4時半って言っただろ』
運ちゃん『そうだっけ』
『朝4時半に起きたぞ。騙された!』
『何時だった?』
『6時だ!』
『ふうん』
『お前のせいで眠いぞ!』
『だって俺知らねぇもん』
『あぁ?』
『興味ないし、珍しくねぇもん。』
  ・
  ・
  ・
  ・
実は運ちゃん、モンゴル遊牧民出身ですた。(両親未だに遊牧生活)
確かに おまいには珍しくはねぇわな ・・・・やられた。

聞いた俺がアホだった・・・ _| ̄|○


その夜は、『オルドス市』に宿泊。 中国語では『東勝市』と呼ぶそうで。(オルドスはモンゴル語)
画像

オルドス駅

画像


晩飯は運ちゃんと、内蒙古なのになぜか四川料理を喰らい、創立60周年記念式典のおかげで、まともな宿がGETできず、4ツ星ホテル予約してた筈が、しょぼい2.5ツ星レベルのホテルで砂まみれの体に2日ぶりのシャワーを浴びつつ、翌日はいよいよチンギスハーン陵へと向かうのであった。

〜次回いよいよ最終回(ホントかよ) お楽しみに〜


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
自分の家庭で平和を見出す者が一番幸福な人間である
Lo mas feliz humano es la persona quien puede buscar la paz en su familia. (ロ マス フェリス ウマーノ エス ラ ペルソナ キエン プエデ ブスカール ラ パス エン ス ファミリア) ...続きを見る
スペイン語 フレーズ集
2007/11/17 15:36

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
fanfanの中の人様

oyameiです。いつもコメントありがとうございます。楽しいfanfan様のブログをブックマークさせていただきます。よろしくお願いします。
oyamei
2007/11/17 09:43
oyamei様わざわざあっしの戯言なぞ、ブックマーク頂きありがとうごじゃります。
最近本業がはまっているので、文字通りぐーたら更新ですが、生暖かく更新お待ち下さい。
fanfan
2007/11/17 17:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
内モンゴル旅行記---(その10)〜『墓参り編のはずがその前の砂遊び編』〜 熊猫fanfanの『ぐ〜たら』 "元"駐在日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる