熊猫fanfanの『ぐ〜たら』 "元"駐在日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 内モンゴル旅行記---(その9)〜『ホフホト市街地編』〜

<<   作成日時 : 2007/11/11 00:56   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

さて、大草原の生活を満喫?し、(本当か?)一旦ホフホト市内へと戻ります。

この後、包頭経由で砂漠で砂遊び→オルドスでチンギスハーン陵の観光と相成ります。

車は一路ホフホト市内へ。
そういや、こないだNHKの関口知宏の中国鉄道大紀行でホフホトやってましたね。
『つっこみ所満載な』鉄道紀行の件はまた後で書くとして)

ホフホトといっても、所詮はいまや都会で、中国何処にでも有る開発目覚しい地方都市なんで、一般的な街紹介は何処でもやっているので、敢えてさらっと風景のみ。詳しくは省略。
画像

イスラム風の建築物多し

画像

丁度Badタイミングでこんなイベントが

おかげでホテル取るのに四苦八苦だっつーの。余計なことを!
政府関係者やらマスコミやらが連日押しかけ、偉い騒ぎに。
(ちなみに、中華人民共和国の建国より、ちびっと歴史長かったりします。)

これは、と思いガイド兼運ちゃんに、
おり『誰か有名人来とらんの?』
おっちゃん『偉いヤツラはいっぱい来とるらしい(政府No3位の人)』
『んなのはどうでもいい。有名人見てぇ。』
『おらよく知らん』
『成龍(ジャッキーチェン)来ないん?』
『たぶん来ねぇ。』・・・(残念)
『章 子怡(チャン・ツィイー)は?』
『たぶん来ねぇ。』・・・(残念)
   ・
   ・
   ・
(以下知ってる中国人、香港人片っ端から言いまくる・・・運ちゃんウンザリ系)
   ・
   ・
   ・
『う〜ん  周 星馳(チャウ・シンチー)は?』
『お?そういや確か来るらしいぞ!』

 ピコーン

『来週』

・・・ ・・・ ・・・ 意味ねぇやん。 
しかも来週までずっとやんのかよ、このイベント _| ̄|○



さて今回はちょびっと小ネタ風で攻めましょう。

さて、こちら。
画像

ハイ、中国何処にでも有る火鍋屋さんの超有名チェーン店、『小肥羊』。
の、本場内蒙古店。(本店なのかどうかは知らんが)ちょっと感動。
なんかわからんが北京で北京ダックの『全聚徳』とか、四川省成都で四川火鍋の『譚魚頭』とかを見つけた時みたいな全く持ってムダな嬉しさ。
ああ、あれです。喜多方に行って『会津っぽ』見っけたみたいなモンですな。
(た、例えがローカル orz)
ま、わざわざ旅先で敢えて全国チェーン店に入る奴は奇特な奴はそうそうおらんとは思いますが。


こちらは蒙古族のモンゴル文字(ウイグル文字をもとにして作られた旧モンゴル文字)。街のあちこち至る処に併記され取ります。
画像

画像


どう見ても読めそうな気がしませんが、なんかに似てますな。
う〜ん、 例えば・・・
画像

ドンキーコングの敵キャラのジャッキ(ナツカシ)

とか
これとか
画像

潟e○ン殿 スポーツオリジナルダンパーステッカー

やっぱどう見ても車のストラットのサスとショックにしか見えんですな。
なんか見てると『ぴょ〜ん』ってどっか飛んで行きそうな文字っすな。


見慣れたケンタッキーじいさんなんかも、なんか別な料理か?と思っちまいます。
(フライドチキンが羊肉だったらびっくりだが。 あ、ひょっとして北京の麦肯基なら・・・)


で、街中で見かけた道路案内板から。
画像

成吉思汗大街

『チンギスハーン大街』っすよ。 ジンギスカン! すげぇなんか強そう!おっかねぇ。
(単なる道の名前ですが・・・)
平民はひれ伏して歩かにゃらんですな。

さらに・・・
画像

海拉尓大街

『ハイラル』っすよ。
♪ちゃ〜 ちゃちゃちゃ ちゃっちゃら〜
なんて、ゼルダの伝説のテーマが聞こえて来るっす。

いやぁ、今を遡ること数十年前の初代ディスクシステムからはまっているおいらとしちゃぁ、いい響きっすなあ〜。 
ただの通りの名前なのに、なんか【かっちょええ】
※ちなみに、本物のハイラル地区は同じ内蒙古自治区内の、かな〜り北の方に実在します。(遠すぎて行けんって。)

さて、ホフホト市内で見かけたこんなシーン。
画像

砂まみれ

いやぁ、さすが黄砂の本場。 (街行く車全部が全部そうゆう訳じゃないけど・・・)
エアエレメント速攻で目詰まりしそうっすな。雪国も大変なんだが、これはこれで結構。 
砂漠化は大分進行しとる様で。

続いては
画像

ミニタクシー

フロントタイヤ落っこちてんのかぁ! (ドリフのコントかよ!)
と、一瞬マジでびびります。
いやぁ、ま、初めて見たわけじゃないけどね。(要するにオート3輪)
長春とか黄山とか行った時、結構見ましたがね。 

我が生息域ではほとんど見ないので、何度見てもやっぱ一瞬びびりますわ。コーナーひっくり返りそうで。交差点でドキドキしますわ。 いや、さすがに未だ乗った事は・・・
(車だと思うから違和感あるだけであって、ありゃバイクにガワかぶっとるだけや、と運ちゃん言うとりました。まぁ確かに・・・)

そんなこんなでホフホト市内を通過し、一路内モンゴル自治区第二の都市【包頭】経由で、チンギスハーン陵墓の有るオルドスへと向かうのであった。

次回いよいよ大詰め(その10 成吉思汗墓参り編)へと続くよ〜ん


【本日のおまけ】 
いかにも内蒙古な風景
画像

本場羊肉串(我輩の好物であります)

画像

らくだの毛のまくら(初めてお目にかかりますた)


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
内モンゴル旅行記---(その9)〜『ホフホト市街地編』〜 熊猫fanfanの『ぐ〜たら』 "元"駐在日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる